痛がりズボラ主婦が推す家庭用脱毛器「脱毛ラボホームエディション」の効果を口コミ

美容

痛がり・自分に甘い・ズボラ
三拍子揃いの私が脱毛ラボホームエディションを 12回(4回×3カ月間)・照射レベル5(最大レベル)で使用しての経過・感想を書きます!

ホームエディションの効果と使いやすさを○△×で表すとこんな感じです。

【効果】
腕、足、顔(鼻の下・もみあげ)…〇
VIO、ワキ、旦那の髭…△

【使いやすさ】〇
その理由
・電源ONですぐ照射できる
・保冷剤いらず
・痛みがほぼ無い

あれ?そもそもビフォーの生え方おかしくない?

生えてたり生えてなかったり、まだらな感じ。

毛が生えていない部分が所々あるのは、13年ぐらい前に脱毛サロン(銀座カラー)に通っていたためです。脱毛サロンは永久脱毛ではないので、こうして数年~十数年後には毛が再生してくるんですよ~。

とはいえ、元通りの剛毛には戻っていないので銀座カラーはハッキリ言ってすごいと思う。ここに関しては別記事でも紹介予定です。

他サロンで脱毛した人は3年ぐらいで元通りになっている人もいるよ。

この記事の内容

  • 脱毛ラボホームエディションのメリット・デメリット
  • なぜ私はケノンを挫折したか
  • ホームエディションはこんな人におすすめ
  • 家庭用脱毛器によるVIO脱毛のやり方
  • ホームエディションのQ&A

当記事は個人の感想・主観で書いてるよ。参考になればこれ幸い

脱毛ラボホームエディションのメリット

脱毛ラボホームエディションの本体

まずは、脱毛ラボホームエディションを使ってみて感じたメリットを紹介します。

メリット①:短期間で効果あり※ただし腕・足・鼻の下

私は週1回ホームエディションを使っていましたが、5~6回目から明らかに腕・足・鼻の下の毛量がぐんと減り、現在は3カ月に1度照射しておけば、ほぼ無毛キープです。

公式サイトの臨床試験では約4週間で毛量が減り、毛が細くなることが分かっていますが、剛毛な人でも3カ月ほど使用すると効果を実感する人が多いようです。

ホームエディションを買ったらまず3カ月は続けてくださいね。

私は1週間に1度のペースで照射しましたが、取説では週2回(同じ部位は2日空ける)を推奨しています。

引用:脱毛ラボ・ホームエディション公式サイト

ホームエディション「効果」に関する口コミ

4回目終えて脇は1~2本しか生えてません!足も少しずつ生えてくる本数が減ってます

使用開始2ヶ月ほどで毛が太めな脚・脇・VIOはかなり脱毛できたように感じます。

使用前は翌日にチクチクしていましたが、今は2週間経っても数本生えてきた程度です。冷やす作業等の準備がなく、やろうと思ったときにすぐできるのがとても良いです。

※口コミは大手口コミサイトから一部抜粋

公式サイトはこちら

メリット②:痛みほぼ無し

脱毛には、IPL方式やSHR方式といった種類があります。ホームエディションはIPL方式です。

IPL脱毛は毛根のメラニン色素に光のエネルギーを反応させて毛根にダメージを与えるというもの。

照射レベルや部位によっては輪ゴムをバッチーンと弾いたような痛みを感じるのが特徴ですが、SHR方式よりも脱毛効果は高いといわれています。

ホームエディションはIPLなのに、最大レベルで照射しても私の場合は痛みを感じませんでした。

痛くない秘密① 自動クーリング機能

脱毛ラボホームエディションのクーリング機能冷却不要

自動クーリング機能といって、電源を入れると銀色の部分が5℃に冷えるんです。

つまり肌を冷やしながら照射できるので、照射時の痛みをほぼ感じずに済みます。

しかも美肌モードも搭載しているので、どのレベルで打っても美肌ケアしながら脱毛もできます。一石三鳥です。

痛くない秘密②絶妙なジュール数

公式サイトにはこんなことが書いてあります。

ムダ毛ケアに必要なパワーは1~3ジュール程度。それ以上のパワーだと無駄に痛いだけで、炎症を起こすリスクが高まるだけ。

ムダ毛ケア効果に大きな違いを出せないことが実証されています。

引用:脱毛ラボホームエディション公式サイト

ホームエディションのジュール数は2.9ジュールです。つまり、痛みを感じないギリギリのラインですね。

ジュール(J)とは脱毛の出力を表す数値です。

一般的にジュール数が高いほど効果が早いといわれていますが、結局は医療脱毛のような永久脱毛ではないので、使うのをやめれば生えてきますので一緒です。

それに、ジュール数が上がると痛みは避けられません。ヤケドなどの炎症のリスクも上がります。

痛くない」脱毛器がズボラにとって重要な理由

私は脱毛サロン経験者なので、脱毛の痛みはある程度わかっています。

IPL脱毛は毛根の黒い色に反応させてダメージを与える脱毛法です。

そのため、VIOやワキなどの色素の濃い毛に対しては、反応をもろに受けるので特に痛みを感じます。

そんなんで私は、サロンのVIO脱毛を4回で挫折しましたし。

あとは骨に近い部分(スネ・膝・肘)なんかも痛みを感じやすい部分です。

ホームエディションを使う前は「ケノン」を使っていましたが、そのような部分はやはり痛かったので、保冷剤で十分に冷やし、肌を麻痺状態にさせてから照射していました。

家庭用脱毛器のいいところって、思い立ったときや自分の好きな時にできることですよね。

でも、その脱毛器が痛い場合、次に使うのが億劫になるというか、ストレスになりませんか?

私の場合「あーあ、またやんなきゃ~。しんど」と思いながら脱毛していたので、わりとすぐにケノンは使わなくなってしまいました。

性格が出るんですが、私のように痛いのが大嫌いで我慢にも弱い人は、痛い脱毛器は続かない可能性大です。

痛がりなうえに自分に甘く、超ズボラな私がホームエディションを続けられたのは、YouTubeを聞き流しながらでもお菓子を食べながらでも電話しながらでも脱毛できるからです。

そしてそれが叶うのは痛くないからこそ。なんです。

痛かったらそれどころじゃないよね~

ホームエディション「痛くなかった」 系の口コミ

週2回ほどカミソリで剃っていましたが、1ヶ月半(3~4回)使用後、腕や膝下、脇は ほとんど手入れがいらないくらいになりました。

Vラインにもチャレンジしてます。こちらはもう少し時間がかかりそうです。私の場合、痛みはほぼ感じません。自宅でこれほど脱毛できれば充分です。

照射はホームページに書いてあったように本当に痛みがなかったです。こんなに痛みがないのに毛量が減ってることにも驚きました。

※口コミは大手口コミサイトから一部抜粋

公式サイト・販売ページはこちら

メリット③:とにかく簡単・使いやすい

脱毛サロンで全身をツルツルにするには約2年かかります。もし家庭用脱毛器で完全なツルツル肌にするとしたら3年、もしくはそれ以上かかるでしょう。

そうなると問題なのが「続けられるか」という不安です。自分で脱毛となると、どうしてもどうしても面倒になってくるものです。「今日は眠いから明日やろう」とか。

メリット②でも書きましたが、痛い脱毛器だったらなおさら気が進みません。

それでだんだん先延ばしになり…ついにお蔵入り。毛は生え放題。そんなパターンもよく聞く話です(まぁ、私です)

なので、家庭用脱毛器で脱毛を成功させたいのなら「使いやすさ・続けやすさ」が重要なポイントとなってくるんです。

ずばり、挫折しない家庭用脱毛器の条件は以下の2つです。

  • 電源を入れたらソッコーで使える手軽さ(保冷剤の準備・カートリッジ交換などの面倒な工程がない)
  • 痛くないこと(←これ特に重要)

この2つを満たしているのがホームエディションです。脱毛自体は片手でできるし、保冷剤で後から冷やしましょうとか、そういう面倒なことも一切ないのがホームエディションの魅力でもあります。

なぜ私はケノンを挫折したか?

ケノンの収納

ホームエディションを買う前はケノンも買いました。でもケノンは以下の理由で挫折しました。

  • カートリッジの使い分けが面倒だった(標準用、濃い毛用・美肌用など)
  • 一回照射するたびに保冷剤で肌を冷やす工程が面倒だった(冷やさないと痛みあり)
  • VIOのIラインとOラインは公式では非推奨だった(買ってから知った)

冬は震えながら保冷剤あててたな~

ケノンは家庭用脱毛器の老舗的存在で実績もあり、使っていて安心感がありました。しかし、使い続けられるか?といったら、面倒くさがりな私はNOでした。

ホームエディションは1回の照射で「脱毛・美肌ケア・肌の冷却」が一気にできるので、思い切って乗り換えました。

ケノンは年頃の娘のために大事にとっておくよ。

脱毛ラボホームエディションのデメリット

つづいてデメリットの紹介です。いいことずくめではないですよー。

デメリット①:ワキ・VIO・旦那の髭は時間がかかる

腕や足に比べると、ワキやVIOは「少し減ったかな~」という程度で、またすぐにニョキニョキしてしまうんです。

これまでに10回は照射したけど、まだ足りないです。

夫もホームエディションで週1回の髭脱毛をしているものの「(髭が)なくなる気配がない」と言ってますねー。

ただ、毛が細くなったのか、チクチク感はなくなりました。チクチクによる肌のかゆみもなくなりました。

なので、このまま使い続けていけば効果はあると思います。

しかし、痛みを我慢できる人なら、もう少し出力の高い脱毛器を選んでもいいかもしれませんね。

デメリット②:照射面が分かりづらい

脱毛ラボホームエディションの照射面積

照射面の周りに冷却機能があることで、照射面の小さく分かりづらいのがデメリットです。

少しずつ本体をずらしながら照射していくわけですが、ずらす間隔がつかめず、少々苦戦しました。

構造上の問題なので、慣れるまでは勘でやるしかないのですね。

このように、隙間なくずらしながら照射するのが理想です。

脱毛ラボホームエディション照射面

それでも不器用な私は重なって照射してしまうこともありますが、今のところ特に肌トラブルはなし。

使っていくうちに間隔がわかってきます。

デメリット③:サロン級!業務用パワー 実は嘘?

そう思ったのは、とある口コミから。

全然痛くないですが、パワーが業務用の40%くらいなんですね

パワーが業務用の40%しかないだと???やばいじゃん。

調べてみると「本当は業務用パワーの40%しかない」「業務用と同じじゃない!」というタレコミの多いこと。

え?まさか嘘だったとは…

そう思って公式ホームページを隅々調べてみたところ、分かりました。

脱毛器の照射エネルギーを表す数値に「ジュール(J)数」があります。

ホームエディションの最大出力数は10ジュールで、一般的な脱毛サロンでも10ジュールで照射することがあるので「サロン級 業務用パワー」というキャッチコピーは嘘ではありませんよ。

しかしですね。ぶっちゃけサロンなら最大24ジュール以上出せるんです。

そうすると確かに「業務用の40%しかないじゃん」となりますね。

「業務用と同等のパワー」とは、1平方cmあたりの出力数のことなんです。

ホームエディションの1平方cmあたりの出力数は2.9ジュール、 業務用は3ジュールです。

ほら、ほぼ同等ですね。

しかし、最大ジュール数というのは照射面積に依存するのです。そうなると、

ホームエディションの照射面は横3cm×縦1.2cmです。実際に測ってみました。
これに 1平方cmあたりのジュール数をかけると
3cm×1.2cm×2.9ジュール=10.44ジュール

業務用脱毛器の照射面は横4.8cm×縦1.7cmです(公式サイトより)
これにジュールをかけると
4.8cm×1.7cm×3ジュール×=24.48ジュール

つまり、ホームエディションの最大出力は業務用の40%なんですね~。

このことは、他のサイトやブログでは書かれていないんですが、公式サイトの注釈に小さく書いてあります。

脱毛ラボホームエディションの最大出力数に注意

小さくて見えないから書きます↓

1平方㎝あたりのジュール数が2.9ジュールで業務用と同じパワー、業務用のものは1平方㎝あたり3ジュールなのでほぼ同等。

ただし、最大ジュールでみた場合、業務用は最大24.28ジュール(3ジュール×4.8㎝×1.7㎝)であり、家庭用は約10ジュール(2.9ジュール×3㎝×1㎝)なので最大出力数は約40%程度になります。

脱毛ラボホームエディション公式


しかし、国産の家庭用脱毛器はあくまでも美容家電の位置づけで、安全性を一番に考慮して作られています。

なので、クリニックやサロンの脱毛器よりも最大出力が弱いのは当然といえば当然。

とある脱毛サロンのスタッフの方に家庭用脱毛器について聞いてみたところ

毛の状態にもよりますが、家庭用脱毛器の3回分がサロン脱毛の1回分ぐらいかと。だいたいですけどー

全ての家庭用脱毛器に当てはまるものではありませんが、国産ならだいたいそんなもんでしょう。

とはいえ、ホームエディションを実際に使ってみて、毛が減っていく実感や抜けた実感もあるので、わたし的には満足です。

メリットの章でも説明しましたが、1平方cmあたり3ジュールを超えると痛みがあるとのことなので、ホームエディションは痛みを感じないギリギリのジュール数。

これ以上だときっと痛いでしょう。

しかし、痛みが平気な人なら、もう少しジュール数の高い脱毛器でもいいのではないか?とも思います。

そのほうがVIOやワキ毛、男性の髭に対する効果は早いんじゃないかと。

痛いの無理!

って人は、ホームエディションでコツコツ脱毛が断然おすすめ

ホームエディションがおすすめな人はこんな人!

  • 痛いのが苦手な人
  • 面倒くさがりやな人
  • せっかちじゃない人(VIO・ワキ・髭などの太い毛は気長に続ける必要がある)

ホームエディション新旧の比較表

脱毛ラボホームエディションと、2021年新発売「脱毛ラボ・プロエディション」の比較表です。

プロエディションは個人開業にも使用できる本格派ながら、照射面が直接冷えるという画期的な構造で脱毛の痛みはなんと据え置き。ぜひチェックしてみてください。

商品名/公式サイト脱毛ラボ
ホームエディション
脱毛ラボ
プロエディション
定価71,478円109,989円
脱毛方式 光(IPL) 光(IPL)
販売元メーカー脱毛サロン脱毛サロン
照射力
(総ジュール数)
10ジュール11ジュール
1㎠あたりのジュール数2.9ジュール3.67~4ジュール
最大レベルでの照射回数30万発
※全身脱毛300回分
に相当
120万発
※サロン開業並み
肌の自動冷却
美顔器モードの搭載
VIO対応
ゴーグル
カートリッジ数1種類
(付属)
3種類
(一部別売)

ホームエディションは偽物多し

ホームエディションは人気商品のため、偽物が多く出回っていてamazonでも確認されています。

偽サイトで購入したものは電源がつかない、光の出方がおかしい、そもそも商品が届かない、などのトラブルが確認されています。

だいたいの偽物は極端に金額が安く、半額ぐらいで買えます。正規サイト以外で買った物は保証やアフターサービスも無いのでご注意を。

脱毛ラボホームエディション偽物注意喚起

正規サイト(公式サイト)はこちら

VIO脱毛のやり方は?

ホームエディションはIラインとOラインの脱毛が認められている唯一の脱毛器。

でも、自分でVIO脱毛するとき、どこをどうしたらいいものか悩む人も多いようです。

そこで、セルフVIO脱毛の安全なやり方を紹介します。

①照射前に毛を剃っておく(必須)

毛が長いまま照射すると、効果半減だけでなく、毛の全体に熱が回るので肌に触れて「熱っ!!」となることがあります。

脱毛サロンでも、剃り残ししてると照射してくれなかったり、剃ってもらうだけで追加料金が発生したりします。

よく「焦げた匂いがしたので効果があると思う!」という口コミを見かけますが、毛を剃っていないので焦げ臭いのです。

毛を剃ってから脱毛すれば焦げ臭いことはないのです。

毛を伸ばしたまま照射するとヤケドの危険性もあるので必ず剃っておきましょう。

生え始めのかゆみを防ぐには?

VIOを剃ったことがある人は誰もが経験しているであろう、あの「かゆみ」

仕事も手につかないぐらい、かゆくてかゆくて気が狂いそうになりませんか?

普通のカミソリは、毛が斜めにカットされるので毛先が尖った状態になります。

それが伸びるときに毛穴周りをチクチクと刺激し、かゆみとして現れるのです。

そんなときはVIO専用シェーバーをぜひ使ってみてください。VIOシェーバーは、毛先を丸くカットできる特殊な刃を使用しているものがほとんどなので、かゆみが圧倒的に軽減されます。

おすすめのVIOシェーバー

生え始めがかゆくない、というレビューが多かったのがこちら。4種類の替え刃で毛量調整からツルツルまで対応します。

ケノンを購入したときに特典で貰ったシェーバーがamazonでも売っていたのでこちらも紹介。私も使っています。

肌を傷つけないように普通のシェーバーと比べて内刃が奥にあるため、1ミリほど毛が残りますが、毛先を丸くカットするのでかゆみがありません。

②ショーツは手持ちのものでOK

クリニックやサロンでは人にやってもらうのでもちろんショーツを履きますが、自分でやるときも 誤って粘膜に照射しないためにショーツを履いたほうが安全です。

しかし、サロンと同じような紙製のTバックじゃなくても、普段履いているショーツをちょっと食い込ませればOK。性器と粘膜が隠れるようにしてくださいね。

ショーツを履かなくても、指で覆い隠すという方法もあるよ。とにかく大事なところは守ってくれ

③鏡の前でスタンバイ

慣れないうちは、スタンドミラーを使うと便利です。スタンドミラーの前でM字開脚、もしくは鏡を寝かせてその上にまたがる、といった方法があります。

ホームエディションに付属しているサングラスは目を守るために付けたほうが賢明ですが、サングラスをかけると傷などの肌状態が確認しづらいという難点もあるんです。

取説を読むと、サングラスは必須事項ではないので、私は使っていません。(顔以外)

照射したい部分に本体をあて、照射ボタンを押す直前に目をつむったり、顔をそらしたりしています。

誤って光を直視してしまうと、数分間は視界がチカチカするのでホントに目に良くないと感じます。直視は避けましょう。

顔脱毛は目に近いからかなり眩しいよ。

安全のためにサングラスしたほうがいいよ。

④照射

初めて照射するときは、どんなもんか探るために、本体裏に貼ってある「肌色チャート」を参考にしつつ、レベル1~2で始めると安心です。

脱毛ラボホームエディション口コミ_カラーチャート

私はレベル2でスタートし、翌日の肌状態に問題が無かったので、レベル3~4と上げていき、今はレベル5で照射しています。

つまり最大レベルの10ジュールです。人によって痛みや熱を感じるかもしれないので、段階を踏んでレベル調整していくことをおすすめします。

どのレベルで照射しても美肌モードがついているよ。これもうれしいよねー

公式サイト・販売ページはこちら

 

毛が抜けない?生えてくる?脱毛ラボホームエディションの疑問を解説

ホームエディションを使っていると、ふと疑問に思うことがいくつかあります。
調べてみると、同じような疑問を抱いている人は多いみたいです。

使い続けてるのに、なかなか毛が抜けない!

脱毛サロンではムダ毛を引っ張るとスルッと抜けることがありますが、ホームエディションでは毛が抜けるというよりも、 いつのまにか毛が薄くなっていて、いつのまにか生えてこないといった感じに近いです。

脱毛サロンでは毛周期に合わせて一定期間、規則正しく照射しているので、生えるタイミングや抜けるタイミングが分かりやすいのかもしれません。

使うのをやめると生えてくるの?

ホームエディションは毛根を小さくし、生えてくるスピードを遅くし、新たに生えにくくする効果を目的とするものなので、永久脱毛ではありません。

永久脱毛できるのは医療脱毛のみです。

私の感覚ですが、ホームエディション使用後、部位によっては生えてくるところもあるし、生えてこないところもある、といった感じです。

生えやすい部分は膝・ワキ・VIOですね。やっぱり太い毛はしぶといし、膝は角質がたまっていると効果が半減します。

しかし、いずれも3カ月ほど集中的に使ってみて、あとは毛の状態を見ながら追加で照射していく感じになるのでお手入れはラクになります。

薄いシミや薄いほくろなら照射できる?

所詮は家庭用脱毛器だし、照射レベルを落とせばホクロやシミは大丈夫なんじゃない?

と考えている人もいますが、答えは「NO」です。黒い色に強く反応するという特徴があるので安全のために避けましょう。

その他、当ててはいけないのは、

  • 傷や傷あと
  • 粘膜
  • 入れ墨、タトゥー
  • ほくろ、シミ
  • 出来物、腫れ物

などです。要は通常の肌状態じゃない部分には照射できないと覚えておけばOK。

ただ、場合によっては出力を下げて照射するのはアリだと思います。←個人的には。

わたしは片腕にそばかすがたくさんあるのですが、レベルを下げて照射しています(もちろん自己責任のもと)

肌の状態を見ながら慎重に判断してくださいね。

脱毛ラボホームエディションのまとめ

脱毛ラボホームエディションアフター3か月経過

ここまで話したことを箇条書きでまとめます!

  • ホームエディションは毛根のメラニン色素に反応するIPL式脱毛器
  • 照射時の痛みは感じない
  • 腕、足、鼻の下には結構効果があった
  • VIO・ワキ・旦那の髭は時間がかかる
  • 1平方cmあたりの出力数が、サロンの業務用脱毛器と同じ

※痛み、効果は個人の見解です。感じ方には個人差がありますことをご了承くださいね。

ホームエディション公式サイトはこちら↓

タイトルとURLをコピーしました